Webエンジニアがオススメするネット副業のためのプログラミング言語

ネット副業をしている現役Webエンジニアが、ネット副業初心者におすすめのプログラミング言語を紹介します。

プログラミングができるとWebサイトが必要になってくる「アフィリエイト」では特に力を発揮できることでしょう!

PHP

プログラミング言語 - php

PHPでできること

PHPは「動的なWebサイト」を作ることができます。
動的なWebサイト」というのは言葉通り動かすことができるWebサイトです。
例をあげてみます。カッコの内容がPHPの行っている「動かす」部分です。

  • 掲示板のように記事を投稿できる(記事の保存と読み込み)
  • 会員登録やログイン機能(会員情報の保存と読み込み)
  • 今日の日付を表示する(日付の取得)
  • お問い合わせのメール(お問い合わせ情報の保存とメール送信)

動的なWebサイト」の逆は「静的なWebサイト」と言います。
いつ見ても同じ表示をするだけのサイトです。PHPでは今日の日付を表示することができますが、HTMLだけの「静的なWebサイト」の場合は入力した日付がずっと表示されるだけです。

そうです!あなたが普段見ているサイトのほとんどが「動的なWebサイト」なのです。

PHPのオススメポイント

PHPを取得すれば、あなたが作りたいWebサイトやWebツール・サービスを自由につくることができます。
またPHPは取得が比較的簡単で学ぶための情報もあふれています。

他のWeb向けプログラミング言語よりもオススメな点はWordPressがPHPでできていることです。
Wordpressのテーマやプラグインを自由に作成することができます。
こんなのが欲しい!という時は既存のものはここが足りないという時に解決できます。

Ruby

プログラミング言語 - ruby

Rubyでできること

RubyもPHPとほぼ同じような役割を持っています。

Twitter、クックパッドなどのサービスもRubyで作られています!

Rubyのオススメポイント

Rubyはよく「書いていて楽しい」とか「書いていて気持ちがいい」とか言われています☆

JavaScript(+ Html, CSS)

プログラミング言語 - javascript

JavaScriptでできること

同じプログラミング言語ですが、JAVAとはまったく別のものです。

サーバーで動作するPHPやRubyとは違いJavaScriptはブラウザ(FireFox, GoogleCromeなど)でページを読み込んだ後に動作します。
画像をスライドさせたり、アラートを出したり、文字を変えたり、メニューを開いたりなどユーザーが直接触る部分の動きを担当します。

JavaScriptのオススメポイント

HTMLとCSSだけではできないリッチなサイトをつくることができます♪
ネット副業初心者はWordpressを使うことで簡単にサイトを作ることができますので、WordpressとあわせてHTML, CSS, JavaScriptを取得できるとよいでしょう!

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)