セーブルのフェレット

ニョロニョロ可愛らしいフェレットはペットとして非常に人気です。そんなフェレットですが実はスーパーフェレットとノーマルフェレットの2種類がいるのを知っていますか?
この記事ではスーパーフェレットとノーマルフェレットの違いとそれぞれの特徴を解説しています。どちらの種類がいいのか、金額の違いや購入方法などの情報も紹介!あなたのフェレットはどちらの種類?

フェレットには2種類ある!その違いは?

フェレットの種類を分類する時には大きく3つの項目があります。

  • 生まれたファーム
  • 毛の色
  • スーパーかノーマルか

例:パスバレー × シルバーミット × スーパーフェレット

「スーパーかノーマル」というのは2種類のどちらかになります。

違いは去勢・避妊手術を行われているかどうか

「スーパー」いうと何かすごいフェレット?と思うかもしれませんが、スーパーフェレットとは生殖腺除去手術(避妊・去勢)と臭腺除去手術をしているフェレットのことをいいます。
対してノーマルフェレットは手術を行っていないフェレットのことをいいます。
また以前ではマーシャルフェレットのことを卸業者がスーパーフェレットと呼んでいたこともあるようです。

日本にいるほとんどがスーパーフェレット

日本で販売されているフェレットの大半が海外のファームで生まれた個体です。ファームでは基本的には生後まもなく手術が行われているのでみんなスーパーフェレットになっているのです。
国内繁殖のフェレットについても基本的には生後半年内には手術を済ませていて、遅くても生後8ヶ月〜1年以内には手術を終えるのが理想だと言われています。

ファームの証明書に記載がある

フェレットは購入時に「ファームの証明書」をもらうことができます。この証明書には避妊・去勢を行っているかが記録されているためスーパーフェレットであることの証明にもなっています。この証明書により万が一の生殖器の取り残しがあった際などの保障にもなります。

ノーマルフェレットの特徴

ノーマルフェレットとスーパーフェレットの違いは手術の有無ですが、その出術の有無によって個体の違いが出てくるのです。
まずはノーマルフェレットの特徴を解説していきましょう。

臭腺があるためクサイ?オナラをする?

ノーマルフェレットは臭腺除去手術を行っていないため臭腺が残っています。臭腺とは強いニオイのする液体をつくる器官で肛門付近にあります。
この臭腺から興奮した時、ビックリした時、分泌液が溜まりすぎた時にその液をお尻から出します。この分泌液が個体にもよりますがかなクサイのです。

あわせて読みたい
寝ているフェレット
フェレットはクサイ?ニオイの原因と対策方法を解説!
フェレットはイタチ科の動物です。イタチといえば「イタチの最後っ屁」という言葉もあり身の危険があるとクサイオナラをするします。同じイタチ科のフェレットもクサイ分泌液をつくる臭腺があります。ではフェレットもクサイのでしょうか? この記事ではフ...

発情期がある

スーパーフェレットは生殖腺除去手術を行っていないため発情期があります。発情期には興奮しやすく食欲や睡眠時間が減退します。またスーパーフェレットよりもともと強い体臭がより強くなるのも特徴です。

オスのノーマルフェレットはフィッチ、ボブと呼びます。発情期になるとマーキングとしていろいろな場所におしっこをしてニオイをつけます。

メスはのノーマルフェレットはジル、ベビーの場合はキットと呼びます。発情期になると皮脂の分泌が行われて体全体の毛がべっとりしてしまいます。そして外性器が赤く腫れ上がり交尾するまで発情し続けます。交尾をせず発情したままでいるとホルモンの骨髄抑制作用により失血して死んでしまいます。エストロゲン過剰症)
そのためノーマルフェレットのメスは飼育下でオスのノーマルフェレットも一緒でないと短命です。

第二次成長期があって大きく育つ

発情期の際におこる第二次成長期によってスーパーフェレットより大きく育ちます。また、筋肉質になり力も強くなります。

多くのスーパーフェレットは700~1200gほどなので2000kgを超えるノーマルフェレットは相当大きいです。
見た目的にも2~3倍近く差があります!

凶暴性

ノーマルフェレットはスーパーフェレットより体も筋肉質で大きく力が強いです。さらに発情期は興奮しやすく凶暴性が増します。噛み癖も強いため飼い主の手が噛み傷だらけになる恐れがあります。
海外では凶暴なフェレットによる子供や赤ちゃんなどの命に関わる事件が多発しています。

もちろん個体差もありますが、飼い主様のしつけで大きく変わってくるので「ノーマルフェレットは凶暴で危険」というわけではありません。

ショップでの取扱

現在は日本のショップでは基本的にノーマルフェレットの取扱はありません。しかし極稀にフェレット専門店にいることも!
どうしても欲しい場合には専門店に入荷した場合に連絡してもらえるようにしましょう。

ノーマルフェレット(2017/03/13フェレットワールドみなとみらい店)

2017年3月13日時点でフェレットワールドみなとみらい店にいました。
さすがノーマルフェレット大きいです笑

フェレットを飼い慣れている上級者向け

ノーマルフェレットは発情期があるためスーパーフェレットより飼育は難しいです。特にメスの場合は発情したままだと死んでしまうこともあるため初めて飼うのには向いていません。

スーパーフェレットの特徴

次にスーパーフェレットの特徴を紹介します。

臭腺がないのでニオイが薄い

手術済みで臭腺がないのでノーマルフェレットよりもニオイが薄いです。さらに発情期によるニオイもないので気になりません。
あくまで動物なので完全に無臭というわけではありません。

発情期はなく繁殖はできない

生殖腺除去手術を行っているので繁殖させることはできません。

小さく大人しい

第二次成長期がないためノーマルフェレットより体の大きさは小さい個体が多いです。
国内繁殖に限り1度発情期を体験させることで、第二次成長期を迎えさせていることもあります。

性格も穏やかで大人しいです。ずっと好奇心多性で子猫のような感じです。

ショップでの取扱

日本の多くのペットショップでスーパーフェレットは取り扱われています。販売されているフェレットはノーマルとして販売されている以外はすべてスーパーフェレットです。
ノーマルフェレットのように探さなくてもいいので入手は簡単です。

ファームやショップでの証明書がある

避妊・去勢されたフェレットにはファームの証明書が付いています。万が一生殖器の取り残しなどが合った場合の保証になるので必ず保管しておきましょう。

フェレット初心者はスーパーフェレットがいい

性格などを考えると初めてフェレットを飼う場合にはスーパーフェレットが好ましいでしょう。またファームによっても性格に差があるので個体を選ぶ時の参考にしてください。

まとめ

スーパーフェレットとノーマルフェレットの違いは生殖腺除去手術(避妊・去勢)と臭腺除去手術をしているかで、日本にいるフェレットのほとんどがスーパーフェレットです。
以上スーパーフェレットについてでした!

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)