Coinpark 終わる

FcoinとかCoinExとか配当型の取引所トークンが最近は盛り上がっていましたね。
いろいろ問題も含めて話題になっていたCoinParkですが、個人的にはどうにもならないのではないかと。
その理由をまとめる。

取引マイニングで価格が下がる

まず取引マニングによって価格が下がっていると言えます。

取引マイニングとは1.3倍でCPに変換する作業である

マイニングの仕組みは手数料の100%をCPで還元するというもの。
さらに紹介報酬の30%が加わり、取引マイニングをする人は取引手数料で消費した分を1.3倍量にできます。
多くはUSDT,BOTなどをCPに変換していると言えます。

CPを受け取ることができるのは次の日の同じ時間です。
CPの価格が24時間前より下がっていても30%の下落までは利益が出るのです。
そのため取引マイニングはやればやるだけ利益が出るおいしいものだと言えます。

マイニングにより出来高は増える。

マイニングをするためにBOTで価格の変わらない取引を大量にしているので出来高は増えます。
その結果配当の量が多くなるわけです。
CPホルダーにとって嬉しいことかもしれませんが、そううまくはいきません。

配当の量は減っていく

出来高がマイニングにより増えると配当は増えます。
しかしマインニングをされた量が増えれば増えるほどCPの流通量が増えて1CPあたりの配当が減ります。
分配先が増えれば当然です。

なぜCPが売られるのか

「配当こんなに多いのになんで売るバカがいるんだ?」などとテレグラムで言ってる人が多くいますが…。
マイニングをしている人はマイニングをするためのUSDTやBTCが必要です。
CPで返ってくるわけですから1.3倍量を売ります。
さらに前日の価格基準なので下落が少ないほど利益が出ます。
そのため毎時で得たCPを即売ることでしょう。

安いからこれから上がると勘違いしている人や配当でナンピンする人がいることで急激な下落は避けていますが…。
マイニングによりCPは増え売られ続けるため、買い増しする人が耐え切れなくなるまで徐々に下がっていきます。

見せかけだけの配当率

自分の買ったCP価格で考えよう

配当が10%だの20%だの言ってる方がいますが、実際の配当率は買った時点での価格で見なければ…。
超下落した価格を基準にしているため数字だけ多そうに見えますがCPホルダーの原資から見たら多くありません。

結局配当よりも下落による損失のほうが大きい

7/2410:30時点で24時間変動-34%以上です。
配当が10%だったとしても下落がそれ以上であればCPの枚数が増えるだけです。
マイニングの仕組み上価格は下がり続けるので買い増しをしても助かりません。

CP終焉間近?

公式から7/22のアナウンスで2億枚マイニングが完了後は紹介報酬が30%から5%に下がるとありました。
マイニングをしても赤字になる可能性が高くなりました。
このままではBOTは稼働をやめることでしょう。
その結果出来高が減ります。
出来量がなければ配当がでないのです。

どうなれば価格が上がるのか

新規が養分となる

新規を呼び込みまくって買わせるのです。
マイニングによる売りよりも多くなれば価格は上がります。
しかし、マイニングの売りはマイニングが終わるまで続きますが新規はそこまでもたないでしょう。
そもそも信用がないので新規は入りづらいかと。

マイニングなしでの取引が増える

マイニングが行われなければCPが売られません。
それでも取引量が多ければ配当も出るので価格は上がることでしょう。

そのためにはマイニングが終了(全部掘り終える)した後に取引所として人気があり、取引される必要があります。

CoinParkは取引所として人気になるのか?

人気で使われる取引所とはどんなものでしょう?
ちなみに配当が多いというのは使われた後の結果なので含みません。

インターフェース

CoinPArkはそこそこ使いやすいのではないでしょうか?
しかし使いやすい取引所も多いので、他の要素でも勝っていないと使われません。

運営の対応

最低ですね。
バグも多いし、メンテちゃんとしているのかわからない。
そもそもメンテした後もバグ残ってたりありえない。
アナウンスもしっかりしないし。

マイナス残高になるバグで抜け出せない人まだいるみたいですし。
マイナス分入金しろとかわけわからないこと言われているみたいです。

今までこれで今後よくなるとは思えません。

手数料

安めですが他のところより大幅に安いわけではないですね。
手数料安いと配当も減りますし。

取り扱い種類

少ないですね。
今後増えるの?

CPの使い道

いろいろなことに使えるようにならないと…。

ここを使う理由は現在みんななさそうです。
配当がおいしいから!としかいいません。
このままでは配当減りますし、価格も下がりますよ?

CoinExの対応は安心できる

一方CoinExのCETは長期で見ていて安心できそうです。

ロック制度

マイナーは時間当たりにマイニングできる量が制限されています。
量を増やすためにはCETのロックが必要。
そのためCPのように売られまくることはありません。

ロックしていないとマイニングできない

CoinParkではマイニング終了後にしか発生しませんがCoinExでは、ロックしていないユーザーはマイニングできません。
その分の手数料は配当になりますが、マイニング量は減りません。

運営の対応がとにかくいい

これは重要です。
配当以外の理由があるので。

CoinExの登録はこちら

まとめ

CPは終わる。

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)