Laravel

Laravelにはパスワードリセットの機能がついているので実装自体はしなくても済みます。

パスワードリセット 5.7 Laravel

メールの文章は実際にそのまま使うことはないと思うので、文章やデザインを独自のものにしましょう。
この記事ではLaravelのパスワードリセットで送信されるメールを独自の文章・デザインに変える方法を記録します。

独自の通知クラス

さくっと作成

まずは独自の通知を作成しましょう。

下記コマンドを実行します。

名前はCustomPasswordResetなど自由に付けてください。

app/Notifications/PasswordResetNotification.phpが作成されます。

必要に応じて独自通知を編集する

件名やメール本文のviewファイルを好きなものにしましょう。

ユーザーモデルを編集

ユーザーモデルを編集します。

独自のViewファイルを作成

独自通知クラスで指定したファイルを作成

今回の例では「emails.reset」としているので
「resources/views/emails/reset.blade.php」を作成しましょう。

オリジナルを参考にする

email.blade.php

自由にviewを編集

確認

メール本文まで作成できたら実際にパスワードリセットのリクエストをしてメールの送信を確認しましょう。

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)