セーブルのフェレット

フェレットの鳴き声ってどんなものか知っていますか?そもそも鳴かない動物だと思っている人も多いフェレットですが、鳴き声はあります。
この記事ではフェレットの鳴き声について解説しています。フェレットの鳴き声の種類から、どんな時にどんな理由で鳴いているのかを紹介いたします。

フェレットは鳴く?

フェレットに鳴き声はある

イヌのワンワンやネコのニャーニャーなどのように鳴き声のイメージをフェレットの場合はあまりないかもしれません。しかしフェレットの実は鳴き声がちゃんとあるのです。フェレットは鳴かない動物ではありません。ただあまり高頻度で鳴いているわけではないので一緒に過ごしていないと聞くことはあまりないかもしれません。

鳴き声の大きさ

フェレットの鳴き声の大きさは小さいです。
あまり響く声で鳴かないので部屋の外などからも聞こえることは基本的にはありません。そのため近所迷惑になったり、夜中に騒がしいという心配もありません。

フェレットの鳴き声の種類と意味

うれしい時、楽しい時

遊んでいる時や興奮している時によく聞くことができる鳴き声でコッコッコ、クックックなど小刻みで速い声です。
これが一般的なフェレットの鳴き声だと言えます。イヌはワンワン、ネコはニャーニャー、フェレットはコッコです!
興奮しているほど細かい感じで鳴きます。口を大きく開けて鳴いているわけではないので知らない人は鳴いているとわからないかもしれませんね。

ベビー鳴き

フェレットは生後数ヶ月のベビーのみ持つ鳴き声があります。このベビー鳴きは成長とともになくなっていくのでベビーの時にしか聞くことはできません。

興奮している時やオモチャ、おやつ(獲物)などを狙っている時にはキャンキャン鳴きます。この時けっこう強みに噛み付くこともあるので気をつけてください。個体によっては「ワンワン」と子犬のような鳴き声にも聞こえます。

また、かまってほしいときなどにはギャーギャー、だったりクークー、グーグーと鳴きます。ケージに入れられている時に多く、家に帰ってきた時や朝起きたときなどにケージから出してほしいと要求している時によく聞くことができます。

威嚇

怒ったり、威嚇している時にはシーッ!やシャーッ!という鳴き声を出します。オモチャを狙っているときや、オモチャを取り上げられた時などに聞くことができます。気が立っていることもあるのでこの声を出している時には注意しましょう。個体によっては噛み付くことも多い状態です。

痛い時

痛い時など危険のある時にはキャン!、キュー!と鳴きます。他の鳴き声よりもかん高く大きな声なのですぐにわかります。この鳴き声のときは何があったのか心配してあげてください。ケージに挟まったり、どこかから落ちた時などに多いので、場合によっては動物病院に連れてきましょう。

鳴き声の悩みや心配

フェレットも動物なので飼育している時に鳴き声についての悩みや心配もあります。

鳴き声がうるさい時

大きな声ではないですが特にベビーのときはベビー鳴きもあり、人によってはうるさいと思うことがあるかもしれません。鳴くのには理由があるので、決して怒ったりしないでください。怒っても何も解決しません。鳴き声からなぜ鳴くのを考えて対応してあげましょう。

鳴き声がおかしいな?と思ったら

ずっと泣き続けたり、痛がった鳴き方をしている時など違和感を感じたら、すぐに動物病院で診てもらいましょう。状態に寄っては命の危険もありえるため早めの対処が大切です。フェレットは不調な時にもあまり騒いだり見た目ではわからないことも多いため小さなサインも見逃さないように日頃から注意してあげてください。

フェレットの鳴き声まとめ

フェレットは鳴かない動物ではありませんが、ほとんど気になる声の大きさではないため近所迷惑などになる心配はありません。鳴き声にも種類があるためどんな時にどんな鳴き声をしているか知っていると、フェレットの状態を理解することにも繋がります。以上フェレットの鳴き声についてでした!

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)