バナナ

子供の夏休みなどでカブトムシを採ろうと思っても、クヌギの樹液も見つけられず1匹も捕まえられなくてガッカリ…という人が多くいます。そんなあなたにはバナナトラップをオススメします!カブトムシやクワガタを大量に捕まえるためのすごい方法です。
この記事ではバナナトラップの作り方と効果について解説しています。実際につくるための手順やどれだけ効果があるのか、どうやってどこに仕掛けるのがいいかを紹介します!

バナナトラップとは?

カブトムシ、クワガタへの最強の罠

バナナトラップはカブトムシとクワガタを捕まえる方法の1つで最も強力な罠です。バナナの甘いニオイをさらに強くしたものを作り、ニオイでカブトムシなどを引き寄せます。原料も安く手に入れやすいものですし、作る方法も簡単!なのに効果は絶大です。うまく見つけられない…という人やもっと大量に捕まえたいという人は一度試してみると効果がわかります。

こんな時にオススメの方法です

樹液の出ている木が見つからない、虫の集まっている灯りなどもない場所でオススメの方法です。仕掛けた場所をチェックすることになるので暗い中で移動もあまりしなくて済みます。

どれくらい効果がある?

カブトムシやクワガタがいる場所であれば、待っているだけでトラップに次々とやってきます。

ネットに入れて木から吊り下げた例
沢山のカブトムシが集まってくれました。
この時は数は少ないながらもミヤマの♀等が集まっていました。
引用元www.tsukiyono.co.jp

カブトムシ・クワガタムシがいそうな公園にバナナトラップを仕掛けました。
結果は、コクワガタ、ミヤマクワガタ合計9匹ゲット。
引用元business-up286.com

同じポイントに2:00に出動
画像の中だけで21匹のカブトムシ
木の裏や木下にも10匹以上のカブトムシが居たのでこのポイントだけで30匹のカブトムシ
引用元blogs.yahoo.co.jp

多くの人がバナナトラップで効果を実感し、様々な方法を試した中でもバナナトラップが最強の方法だと言います。

効果がある種類は?

カブトムシはオスメス共に大量に来ます。クワガタではコクワガタ、スジクワガタ、ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタなどがかかります。その中でも特にノコギリクワガタが多いと言われています。
また、クワガタ、カブトムシ以外にもカナブンやガ、スズメバチなども来ます。

バナナトラップの種類

そのまま作ったバナナトラップを樹に付けるだけでもいいのですが、ストッキングに入れたりペットボトルに入れる人もいます。樹からトラップが落ちにくくなりますが、回収も必要になるので好きな種類を選びましょう。効果自体は同じトラップを使うので変わりません。

バナナ以外のフルーツでも可能ではある

フルーツ

バナナトラップはフルーツトラップの1種なので、バナナトラップ以外のパイナップルなどのフルーツでも可能です。しかし、効果も値段も含めるとバナナがやはりベストだと言えます。他のフルーツでどれだけ採れるか検証を行いたいなどの特別な理由がない限りはバナナで作るのがオススメです。

バナナトラップの材料

バナナトラップの材料

実際にバナナトラップを作るのに必要な材料を紹介していきます。基本的にすべてスーパーで売っている物ばかりなので簡単に用意できるかと思います。

バナナ

メインとなるバナナ(1房)です。安いものでもなんでもOK。
甘いニオイが重要になってくるので若いものよりも熟しているほうが効果的です。事前に買っておいて熟すのを待っているといいでしょう。

焼酎

1房くらいの量であれば瓶などではなく小さいサイズのもので足ります。焼酎の種類については特にどれを使っても問題ありません。入手しやすく安いものなのでOKです。大量に仕掛ける時にはリットル単位でペットボトルに入ってる物を購入しましょう。

砂糖

砂糖は自宅にあるものでOKです。ある程度の量を使うのと種類はなんでも大丈夫なので安いものを購入するのがオススメ。

ドライイースト

発酵させるのに必要です。ドライイーストを入れなかったり、ベーキングパウダーを入れるひともいます。
その場合には発酵させるのに時間がかかる(外で1~2日間など)ので、ドライイーストを用意したほうがいいです。しっかりと発酵せずニオイが弱いと効果が出ないこともあるので、無駄にしないためにもしっかり作りましょう。

ジップロック

バナナを発酵させるための入れ物です。このままで仕掛ける場所まで持っていけるので便利です。ビニール袋でも可能ではありますが、もし漏れた場合が悲惨過ぎますのでご注意を…。膨らんでも問題なく、しっかりと漏れないようにできるタイプが安心です。

ストッキング

ストッキングやネットなど。
必須ではありませんがストッキングに発酵させたバナナを入れて吊るしたい人は用意しましょう。

ペットボトル

これも必須ではありません。
空のペットボトルをリットル単位の大きさで使います。
ペットボトルを切って発酵バナナを入れて仕掛ける人は用意しましょう。

バナナトラップの作り方と手順

材料が用意できたら作っていきましょう。作る手順をコツについて解説していきます。

バナナを切っていく

バナナトラップ作り方 - バナナを切る

まずはバナナを切っていきます。潰すだけでも可能ではありますが発酵させやすくするために切ります。皮も一緒に使うのでそのままザクザク切っていきましょう。サイズは均等でなくても大丈夫なのでできるだけ小さめに切ります。包丁に慣れていない人は手を切らないように気をつけてください。

材料を混ぜる

バナナトラップの作り方 - 材料を混ぜる

切ったバナナをジップロックに入れた後に焼酎、砂糖、ドライイーストも順に入れていきます。材料を全て入れたら中で混ざるように振ったり揉んで馴染ませて置きましょう。1つに入れずに複数に小分けにしておくと仕掛ける時に便利です。袋は不安定なので中身がこぼれないように注意しましょう。発酵前ではありますがこぼれると大変なことになります。

発酵させる

バナナトラップ発酵させる

中身を混ぜたら時間をおいて発酵させます。ベランダや外など直射日光があたる場所がおすすめです。発酵させる時間は約半日くらいあるといいでしょう。朝に用意して夕方以降に仕掛けるなどでもいいですし、前日から用意しておくのでも大丈夫です。
時間が経つと発酵して袋がパンパンになってくるのでたまに開けて空気を抜いてあげましょう。袋を開けるとニオイがけっこうしますがこのニオイがカブトムシやクワガタを寄せるのです。この発酵が足りないとバナナトラップの効果が弱くなって残念な結果になることも多いため、しっかり発酵するようにしてください。特にドライイーストを使っていない場合には数日間かかる場合もあります。

容器に入れる

ストッキングやペットボトルを使う人は発酵したバナナを入れましょう。そのまま使う人はジップロックなどの袋のままでOKです。発酵済みのバナナはニオイがかなり強いので漏れたりしないように確認してください。リュックやバッグの中でこぼれると本当に悲惨です。

バナナトラップの使いかた

バナナがしっかり発酵しバナナトラップが完成したら仕掛けてカブトムシやクワガタを実際に捕まえましょう!

仕掛ける時間

夕方など明るいうちに下見も兼ねて行くのがいいです。暗くなってからだとどこに仕掛けたかわかりにくくなったり、危険も多いです。昼など早い時間から仕掛けても大丈夫です。

仕掛ける場所

クヌギなどの樹液が近くにないところに仕掛けます。もし近くにあると樹液のほうが強く効果があまり出ないため、樹液のない関係ない木にします。周辺に樹液の出ている木がないかも仕掛ける時に確認しておきましょう。
木へバナナトラップを仕掛ける位置は手の届く自分の腰から胸くらいの高さにします。

仕掛ける量

1箇所で効果がない場合もあるので少し距離をおいて数箇所に仕掛けておくと安心です。1箇所に仕掛ける量は少し厚めになるよう塗りつけておくのがポイントです。あまり多く一箇所につけても下に落ちてしまうこともあるので注意してください。落ちたトラップにも集まっていることがあるので足元も確認しましょう。

時間をおいてから確認する

しっかりバナナトラップを仕掛けられたらカブトムシなどが集まってくるまで待ちます。仕掛けた時間にもよりますが、2時間おきくらいでトラップに集まっているか確認しましょう。スズメバチなども集まることがあるので注意しながら集まってきたカブトムシ、クワガタを捕まえていきます。トラップ自体にいなくても、ニオイに寄せられて飛んできて周辺に落ちていることも多いためトラップの位置だけではなく足元など周辺も見落とさないように探してください。

必ず持ち帰る

ストッキングやペットボトルで仕掛ける場合には帰りにそのままにせず必ず持ち帰りましょう。持ち帰る時のために中に入れられるビニール袋があると便利です。

よくある質問

発酵時間はどのくらい必要?

発酵時間は半日くらいあるといいでしょう。日光が当たっていたり温度が重要となってくるので場所にも気をつけて、袋の膨らみ具合から発酵の進行を判断しましょう。ドライイーストを使わない場合などは1日〜2日くらいはかかることもあります。虫たちを集めるニオイに影響するのでしっかりと発酵させられるようにしてください。

うまく発酵しない?

ドライイーストの量と温度に気をつけてください。また、発酵には時間がかかるので仕掛ける前に用意するための時間を考慮しましょう。

ノコギリクワガタは採れる?

バナントラップでノコギリクワガタは採れます!
クワガタの中ではノコギリクワガタが多いという人が多いです。仕掛ける場所自体にノコギリクワガタがいるのであれば高確率で捕まえることができるでしょう。

ヒラタクワガタは採れる?

ヒラタクワガタにもバナナトラップは効果があります。しかし他の種類のクワガタよりもあまり多くないようなのでそこまで期待せずにいたらラッキーと考えておくといいでしょう。

バナナトラップのまとめ

バナナトラップは材料が安く簡単に作れるのに効果絶大なカブトムシ、クワガタの採取方法です。作る時には発酵が重要となりますが、誰でも簡単にできるので一度作って試してみてください。一度やってみれば効果が実感できると思います。
以上バナナトラップについてでした!

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)