膝当て

膝当て・肘当てはあったほうがいい?

サバゲーには、ゴーグルなど必須の装備がいくつもあります。
膝を保護する目的で着用する膝当ても、サバゲーでは重要な装備です。

サバゲーのフィールドは、怪我のしにくい柔らかい場所ではありません。
砂利やコンクリートなど、フィールド上には硬い場所が数多くあります。
サバゲーでは、そうした硬い砂利やコンクリートの上で、膝をついて銃を撃ったり敵から隠れたりします。
つまり、サバゲーをしていると砂利やコンクリートの上で膝をつく機会が多いので、膝当てをしていないと怪我をしたり痛みを感じるのです。

また、膝をついて銃を撃つときに膝当てをしていないと、痛みから姿勢が安定しません。
銃を撃つときの姿勢が安定しないと、照準がブレて敵に弾を当てにくくなります。
敵に的確に弾を当てていくためにも、膝当ては重要な装備です。

インドアフィールドで膝をついたときにBB弾があるとめちゃくちゃ痛いです。

このようにサバゲーでは、怪我から膝を守るために、膝当ては重要な役割を担っています。
ですから、サバゲーで必要な膝当てを購入するときには、しっかりとしたものを選ばなければいけません。

低価格な膝当てを選んでしまうと、すぐにパットやベルトが壊れてしまい、怪我をする可能性が高くなります。
サバゲーの途中に壊れなくても、低品質なものはすぐに使えなくなるので、
多少高価でも高品質なものを選ぶと、却ってコストパフォーマンスが良くなることもあります。
怪我から膝を守り動きやすくなるために必要なので、ゴーグルなどと一緒に必ず用意してください。

膝当て・肘当ての選び方

サバゲーでは予期せぬところに弾を受ける可能性があります。
また膝をついて長時間、相手の出方を伺うと言うこともあり得ることなので、膝にかかる負担を軽減させるためにも膝当ては必須のアイテムです。

厚み

膝当ての選び方としては、まずはやはり、しっかりと膝を守ってくれる、膝にかかる負担を軽減してくれるよう、ある程度の厚みがあるものを選ぶのが望ましいと言えます。

また厚みだけでなく、パッド部分の耐久性、強度があるに越したことはないと言うのもポイントです。
実際に手にとって見て、しっかりとした厚みがあるもの、硬い仕上がりであるものを選ぶと良いです。

洗うことができるもの

それからサバゲーにおいては、膝当てが汚れると言うのも普通のことです。
ですから汚れが落としやすいかどうか、簡単に洗うことができるものかどうかと言うのも、選び方で見ておきたいポイントです。

便利なのは、汚れを軽く水洗いした後、洗濯機に入れることができる膝当てです。
膝当ての中には、洗濯機に入れることができないと言うものもあります。

そうすると、汚れる度に手洗いをしなければならないので面倒です。ですから洗濯機使用可のものを選んだ方が、格段に便利です。

サイズ

ただいくら機能性に優れていても、自分の足に合ったものでないと、プレイ中に膝からずれ落ちてくる可能性もあります。
こうなるとサバゲーどころではなくなってしまうので、自分の足の太さに合ったものを選ぶと言うのが、最も大切になってきます。
そのため、購入に際しては実店舗で商品のサイズを見比べて購入するが望ましいです。

まとめ

膝あて・肘あてはサバゲーを行う際に装備必須ではありませんが、
安全に遊ぶためにあったほうがいいでしょう!

他の装備と違いレンタルを扱っていないフィールドが多いので、
使う場合は購入しておくと安心ですね。

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)