• 公開日:2018年03月11日
  • 最終更新日:2018年03月14日
林試の森公園入口

もう啓蟄も過ぎて春ですね。
虫たちもそろそろ冬眠から覚めたかな?

ということで林試の森公園に啓蟄の虫探しへ行きました。

林試の森公園について

都会の真ん中にある公園

林試の森公園は目黒区と品川の間に跨っている公園です。
けっこう大きくて自然のあふれている場所です。

目黒駅から歩いていけるような場所ですが、中に入ると都会だとは思えない感じ。

夏はカブトムシとクワガタがいる

去年の夏にはクワガタを探しにいきました。

コクガタメス

下記は↓2017年夏の記事です。

林試の森公園でカブトムシ・クワガタが採れる?【目黒区・品川区】
林試の森公園でバナナトラップを試す【クワガタ採り】

今回は見つかったらなんでもいいんだけど、
きっといるだろうと一応カブトムシの幼虫を目的にしました。

3月11日の状況

林試の森公園入口

さて林試の森公園につきました。
天気は少し曇っていますが暖かい。

子どもを連れた家族がすごいたくさんいる。
夏に来たのは深夜だったためこんなに人がいるとは思ってなかったな。
さらに日曜日だし。

林試の森公園亀

亀もいました。

カブトムシの幼虫を探す

カブトムシの幼虫を探していきます。

探す場所

どこを探すかは事前に考えていて、
成虫がいたクヌギの木が生えているエリアに行きました。

公園内の場所で言えばクヌギ門からはいったあたりです。

樹の近くだったり、朽木もあったのでひっくり返してみたりいろいろ探してみました。

ようやく発見

根っこ多いし、けっこう土堅いな…
ほんとにいるかな?って思ってました。

腐葉土とかどこ・・・?

林試の森公園クヌギ

そろそろ帰ろうかと思ってたのですが、石をひっくり返したら。

林試の森公園クヌギ

白いのが見えた!

これはきっと幼虫

ちょっと掘り出してみる。

林試の森公園カブトムシ幼虫

目的達成!
今回は一匹だけでしたが。

カブトムシの幼虫飼育に必要なもの

採ったカブトムシの幼虫を飼育するのに必要なものを紹介。

容器

飼育用の容器。
けっこうモリモリ腐葉土食べていくので少し大きめのほうがいいかな?
複数匹いる場合は小さい容器にあんまり詰め込まないよう注意。

普通に昆虫用のものでもOKだし、意外とタッパーがオススメ

Amazon
アイリスオーヤマ 飼育ランド Sサイズ パールブルー CY-S
アイリスオーヤマ 飼育ランド Sサイズ パールブルー CY-S
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
昆虫の飼育に便利な飼育ケースです。側面からでも中の様子が観察しやすい設計です。
詳細を見る

腐葉土

採取した場所の腐葉土を持って帰るのでもOK。
根っことか石が邪魔なので買ったものを使うほうが楽ではあるかな?

Amazon
マルカン バイオ育成幼虫マット 10L M-705
マルカン バイオ育成幼虫マット 10L M-705
マルカン
高熟成・高発酵!はじめてのカブト虫飼育に最適!成虫の大きさは幼虫をいかに大きく育てるかで決まります。バイオ育成幼虫マットはカブト虫の幼虫飼育環境に適しています。
詳細を見る

容器は日陰においてあげて、
定期的に糞を取り出して新たに腐葉土を足していけば夏には成虫に。

まとめ

東京のど真ん中ですが、林試の森公園ではカブトムシの幼虫が見つかります。
春を感じに行ってみるときっと楽しいのでぜひ。

クワガタの幼虫…。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!