フィットネスジム付きマンションのメリットとデメリット

フィットネスジム付きマンションに住むのと普通のマンションに住んでどこかのジムに行くのはどちらがいいのでしょう?
この記事ではフィットネスジム付きマンションのメリットとデメリットを解説しています。
フィットネスジム付きマンションを検討している人は参考にしてみてください!

メリット

メリット多いです!
とにかく楽!楽!

距離がすごく近い

道路

ジムに行ってしまえばがんばれるのに行くまでが億劫だという人も多いです。
しかしマンション内にあるのであればエレベーターに乗れば数分もかからず行くことができます!
移動にかかる無駄な時間をトレーニングに回すことができるのは忙しい人には大切なことです。

天気を気にしなくていい

空

住んでいる建物内にあるので天気は関係ありません。
大雨でも台風でも気にせず、傘も不要です。

シャワーを浴びた後に暑い中汗だらだらで帰ることもありません。
暑くても寒くても室内なので快適に移動できます。

短時間の利用でも行きやすい

OK

短時間利用したい場合に遠いジムであれば、わざわざ行くのはめんどくさいものです。
しかし、すぐに行けるマンション内であれば短時間でも気軽に利用できます。
また、通勤前の朝の時間などでも時間をうまく使うことで運動ができるのもマンションについているメリットです。

年会費や解約料などがない

貯金箱

ジムとしての契約がないので契約金や解約金、契約の期間縛りなどがありません。
1万円のジムを契約するのを考えれば実質家賃が1万円下がっているのと同じです。

家族みんなで利用できる

家族

通常であればみんなで利用するのにジムの契約を全員しなければいけません。
人数分の契約になるので人数が多ければ多いほど料金がかかってしまいます。

しかしフィットネスジム付きのマンションであれば住んでいる人全員が利用できます。
そのため子供や歳が高い人でも気軽に使えます。
また、利用頻度が低くても「契約したけどジムに行ってない」というような無駄感もありません。

着替えなくてもOK

トレーニング

移動用の服装と運動用の服装を着替える必要がありません。
運動用の服で家からそのまま行ってそのまま帰ることができます。

デメリット

設備が本格的でない

ランニングマシン

マンションによっては設備には差がありますが、マシンなどがあまり多くなかったり台数が少ない場合が多いです。
常に人がいないジムの場合には危険なマシンがない場合があります。

また、専用のトレーナーがいないマンションも多いですが、出張型のパーソナルトレーナーを利用することで正しいトレーニングをすることも可能です。

管理費がかかる

金欠

マンションによっては管理費が少し高い場合があります。
1~2万くらいの物件が多いようですが、ジム以外の様々な設備がついている場合が多いです。
別でジムなどを契約して費用がかかることを考えれば特に高いものではありません。

まとめ

フィットネスジム付きマンションはメリットがとても多いです。
実際に住んで使ってみるとほぼメリットしかないとも思えます。

継続して日々運動をしたいという人にはとてもオススメです。
とにかく最高の設備でガンガン本気のトレーニングをしたいという人は専用のジムを契約するのがいいでしょう。

また、フィットネスジムが付いているマンションには他にも様々な設備がついている場合が多いのでチェックして考えてみるといいでしょう。

この記事を書いた人

鳥井 慎太郎
鳥井 慎太郎
Web事業家/ブロガー
毎日楽しい。 個人開発(Webサービス、ゲームアプリ)